忍者ブログ

へっぽこな現場から 2nd -紅の弾幕編-

商品先物、ゲーム、ニュースに対する日々の雑感
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

2017.09.23.12:45

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.06.04.00:29

日本のゲーム産業と大学を隔てる大きな溝(日経)

日経のIT-Plusで扱われているコラムで、「ゲーム産業」と「大学」の溝に関して書かれてます。

しかし、大学の研究成果を積極的にゲームに採用しているっていうニュースはあんまり聞かないですよね。個人的に知ってるのって「ラクガキ王国」ぐらいだもんなぁ〜。

ゲームって「アイディアありき」で技術主導でやる部分は少ないような気がするし。ま、技術がひっぱっていく部分も大きいわけですが・・・シューティング好きには、あまり興味がない部分になるんで。


で、以下冒頭部分の引用。
経済産業省が昨年、「ゲーム産業戦略〜ゲーム産業の発展と未来像〜」と題する報告書を作成したのは、日本のゲーム産業の将来を考えるうえでかなり画期的な動きと思われた。日本のゲーム産業の今後5年間の方向性と産官学連携についての議論をまとめたものだ。ところがその内容やその後の動きを精査していくと、期待どころか惨たんたる現状に不安を覚えるようになった。(新清士のゲームスクランブル)

 報告書の公開から10カ月近くが経過している。実際の施策が進行するにつれて、一部では現実の厳しい壁も明らかになりつつある。それは「産学連携による人材育成の促進」と「技術課題解決のための産学連携・企業間連携の促進」についてである。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL