忍者ブログ

へっぽこな現場から 2nd -紅の弾幕編-

商品先物、ゲーム、ニュースに対する日々の雑感
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

2017.12.12.11:47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.02.23.23:25

これは・・・ギャップに「萌える」べきなのか?

セーラー服・メイド服・ゴスロリ服着せて踊らせるのです。

で、その動画


■怒首領蜂大復活(4月23日稼動開始?)


■デススマイルズ(好評?稼働中)




「ゲーム売るためには『キャラ』から!」
ってことでゲームメーカーもキャラを売り込むのに必死なんですよ。

「このキャラがゲームで見てぇ~!」
という人が増えてくれればいいのデスガ・・・


問題は実際のゲームが以下のような感じになるであろうことか。



■怒首領蜂大往生(前作)


■怒首領蜂 Special Version(「大往生」のプロトタイプ)




どう考えても、上記二つの動画からは本編が想像できないし。
ギャップありすぎだろー、と。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL